メモリーの選び方

ノートパソコンのメモリー増設の仕方を
わかりやすく説明します。

という私もよくわからなかったので、
同じ思いの方に少しでもお力に
なれればと思います。

 

メモリー増設するときにまず知っておくこと。

(1)メモリー増設したらパソコンは速くなるの。

(2)どのメモリーを買えばいいの。

(3)どうやって増設(交換)するの

以上のことさえ押さえておけば大丈夫!

だれでも簡単に増設(交換)ができます。

では、ひとつずつ説明します。

 

(2)どのメモリーを買えばいいの。

 

これから本題に入ります。

さて、メモリーを増設するためには、
どのメモリーを購入すればいいのでしょうか。

増設して8GBや16GBにしたいと容量が決まっても
いろんな規格のメモリーがあります。

まず、大きく分けると、メモリーには、
ノートパソコン用とデスクトップパソコン用の
2種類があります。

次にノートパソコン用でも規格がいろいろ
ありますので、
まずは自分のパソコンのメモリーの規格を把握しましょう。

 

ノートパソコンのメモリーには以下のような規格があります。

自分のパソコンに合った規格のメモリーを買いましょう。
次に、ノートパソコンのメモリーを増設するための
空きスロットがあるかカタログ等で確認します。

カタログ

お使いのノートパソコンのメモリー規格がわからないときは
サイト内のメモリー規格一覧表をご覧ください。⇒こちら

 

 

スロットの数が1の場合は、今、取り付いている
メモリーを取り外し、より容量の多いメモリーと交換と
なります。

スロットが2個あり、空きが1の時は、1枚追加(増設)することに
なります。
メモリー2枚の合計が、メモリー容量になります。

スロットが2で、空きが0の時は、メモリー容量をあげるには、
今、取り付いているメモリーと交換になります。

メモリー一覧 ← amazon 安いです。

それぞれの規格のメモリー購入できます。

 

写真は、W3N1066Q-4G [SODIMM DDR3 PC3-8500 4GB 2枚組]
CFD PC3-8500 4GB 2枚組
詳細はこちら

 

写真は、D3N1333PS-4G [SODIMM DDR3 PC3-10600 4GB 1枚]

CFD PC3-10600 4GB 1枚
詳細はこちら

 

写真は、D3N1600Q-8GD [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB]
CFD PC3-12800 8GB 1枚
詳細はこちら

 

※記事のタイトルをクリックすると記事が読めます。

(1)メモリー増設したらパソコンは速くなるの。

(2)どのメモリーを買えばいいの。

(3)どうやって増設(交換)するのか。

 

うさぎ ペコリ